​​  ※ご依頼、ありがとうございます!

​【H精工株式会社】生産管理システム(在庫管理・スケジュール管理他)

【中古農機具買取専門店 株式会社G様】自社サイトウェブシステム(ヤフオク連携・ブログ等)

【S公証役場様】ホームページ制作

【コンサルタント事業 有限会社M様】自動見積りシステム・建設業向け会計システム

【住宅リフォーム総合建設業A様】ホームページ制作

【中古農機具買取専門店 株式会社G様】売買管理・店舗配当システム
【経営指導部 有限会社M様】サイトデータ自動収集システム
【ペットフード事業部 T株式会社様】生産管理システム・在庫管理システム

「某銀行グループK支店様」経営分析システム
【S不動産様】不動産管理ウェブシステム

※上記の実績は一部です。

どのような仕事もシステム化します!

コードクラフト株式会社は、2019年8月20日を持ちまして

創立10周年を迎えることになりました。
これもひとえに皆様方のご支援・ご愛顧の賜物と心よりお礼申し上げます。
今後も創業以来積み重ねてきた経験を活かし

お客様のご期待・ご要望に添えるよう一層の努力をしてまいりますので

これまで同様のお引立ての程、宜しくお願い申し上げます。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

​エクセルというアプリは、あくまでも「表計算ソフト」です。

一見使いやすいアプリですが、業務管理をするとなると次のようなデメリットが発生します。

数人で管理する場合、それぞれが管理ファイルを作成してしまい統制がとれなくなってしまう。

​同じような管理ファイルが増え続け、多重入力が発生する。

共同作業に向いていないため、情報を共有する仕組みがつくれない。

作成者(管理者)が退社した後は、誰も使えず業務に支障が発生する。

工数を掛けて作成したファイル(データ)が、一瞬で消去される可能性がある。

※その他にも、情報漏洩の危険性など...

よって、エクセルで業務を管理しようとすると無駄な工数だけが増えることになります。

では、どうすれば適切な業務管理ができ、工数を減らすことができるのでしょうか?

「あの仕事がどうなっているのか全く分からない?」
「人を増やしたのに、逆に生産性が悪くなってる?」

 それ  はもしかして、現場ではなく管理に問題があるのかもしれません!
いくら現場を整備しても、管理が適切でなければ業務は上手く回りません。
その管理する上で特に使われているアプリが、エクセルになります。
しかし、エクセルで管理するには限界があります。

MicrosoftおよびExcelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

もし、自社の業務に合ったシステムを導入するとどうなるのか...!?

必要なデータのみ厳選されるため、入力がとても楽になる!

入力操作が単純になるため、教える手間が省け教育コストが削減できる!

入力されたデータは、必要なデータのみデータベースへ蓄積されるようになる!

データは、クラウドサーバ(遠隔地)のデータベースに保存されるため

自社で災害が起きた場合でも安全に保管される。

データベース化されたデータ(情報)は、権限のある社員のみ閲覧・編集することができる!

同時作業が可能となるので、複数のメンバーで情報を共有できるようになり意識の統一化が図れる!

蓄積されたデータを基に分析を行い、業務の効率化や営業戦略などに活かせるようになる!

 

すると...

  今まで上手くいかなかった業務が、少しづつ回り始める! 

業務を上手く回すためには、

「自社の業務に合ったシステムで管理すること」とお伝えしましたが...

市販などの標準化されたアプリでは、これは実現できません。

ご依頼のあったお客様から、良くお聞きする言葉は

「無料のアプリをダウンロードして使ったが、本当にほしい機能が足りなかった」

「市販のアプリを数百万出したが、無駄な機能が多くて誰も使いこなせなかった」

といった内容です。

そのようなアプリは、自分の会社に合わせて作っていないため、とても使いづらいと思います。

私どもの会社では、オーダーメイド(スクラッチ)開発となります。

お客様の会社に合わせたシステムを開発するために、数十時間もの打合せを行い

経営者の要望、システムのゴール(何を成し遂げたいのか)、アプリの操作性など

様々な角度から検証し、日々の業務に合わせたアプリを​見つけます。

​実は、これを実践するのは、かなり大変です。

しかし、依頼された会社からすると、自分たちの要件が満たされることは当たり前だと思うのです。

その当たり前に応えられなければ、弊社の存在意義はないと思います。

最後に

システムは、ヒトと同じく育てるものだと考えます。

弊社は、 「業務に貢献できるシステムに成長させること」が、本来の目的だと思っています。

そのためには、社員様のご協力や綿密な話し合いが必要ですが

その打ち合わせのなかで

「業務のどの部分をシステム化できるのか、またしない方が良いのか」を常に話し合います。

これを繰り返す行うことで、実は社内業務の整理に繋がります。

整理されることで、業務フローや帳票類が必然的に質の良いものになっていきます。

つまり、システムの導入に力を入れるほど、会社の成長にも繋がることが多いのです。

是非、業務管理に悩まれている方、会社の業務をもっと楽にしたい方、

弊社と共に、もっと良い会社を目指しませんか!

​ご連絡、お待ちしております。

すみません、補足です。

最近、お客様から「システム開発は、どのように行われるのか?」と良くお問い合わせがありますので、ご説明致します。

準備 - Development Reparation

ヒアリング - Hearing

お客様のもとへ数回ほど出向き、ヒアリングさせて頂きます。
今現在「どのようなことを実現したいのか」また「どのようなお悩みをお持ちなのか」丁寧にお聞き致します。

ご提案 - System Proposal

数回の打ち合わせの中で、業務フローなどの確認を行いながら、システム化のご提案をさせて頂きます。
主に、お客様のご要望に沿いながら複雑な業務の自動化や生産性の向上を目的とした内容を、ご提案をさせて頂きます。

ご契約- Agreement

お客様のご要望に対し、実現可能な項目をピックアップした後、簡単な要件定義書を作成致します。
その後、見積もりをご提出させて頂き、お客様の合意が得られればシステムの委託契約を締結することになります。

設計 - Design

UI仕様書 - User Interface Document

お客様のユーザビリティー(使いやすさなど)を考慮しながら、システム画面を設計していきます。
打ち合わせでは、UIデザインツールを使用しながらご説明させて頂くため、お客様自身がシステム全体のイメージを把握できる機会となります。 これをまとめ、UI仕様書を作成していきます。

DB仕様書 - Database Document

UI仕様書を基に、必要なデータを厳選し構成致します。
これをまとめ、DB仕様書を作成していきます。ほぼ、弊社の作業となります。

機能仕様書 - Function Document

UI仕様書を基に、必要な機能を詳細に設計していきます。
これをまとめ、機能仕様書を作成していきます。ほぼ、弊社の作業となります。

開発 - Coding

画面構築 - Display Construction

UI仕様書を基に、システム画面を構築していきます。
ビジュアル的には、実際に使用する画面となります。

データベース構築 - Database Construction

DB仕様書を基に、テストDBと本番DBの両方にデータベースの環境を構築していきます。

機能構築 - Function Construction

機能仕様書を基に、必要な機能をプログラミングしていきます。
開発工程のなかで、一番時間の掛かる作業となります。

検証と運用 - Testing & Operation

開発者テスト - Developer Test

すべての開発工程が終わり、基本的なテストを開発者が行います。
また、この期間に操作手順書を作成致します。

納品 - Delivery

開発者のテストが完了した後、お客様に納品をさせて頂きます。

​実際に、お客様のPCにインストールして、操作手順書を見ながら操作説明を行います。

※但し、納品時に「仕様書通り開発されているか」「大きな不具合がないか」確認をして頂き、

 了承を得られない場合は、納品とはなりません。

無事、納品となった場合は、開発工程がすべて完了となりますので「完了報告書」をお渡し致します。

この「完了報告書」には、検証期間が記載されております。

ユーザテスト - User Test

納品後の検証期間は、2週間となります。お客様自らアプリケーションのテストを行って頂きます。
ご利用することで不具合を見つけて頂き、弊社が可能な限りすぐに修正致します。

但し、仕様変更の場合は、有料となります。

運用と保守 - Operation & Maintenance

2週間の検証期間が終わり、晴れてシステムの運用を開始致します。

保守契約を結ばれたお客様だけにアプリケーションの不具合対応、またデータベースのバックアップと復元のサポートをさせて頂きます。※納品後の保守契約は、開発委託契約とは別に契約する必要があります。

以上が、システム開発の一般的な流れとなります。
開発期間としましては、通常のシステムであれば2ヶ月半〜4ヶ月のお時間を頂いております。 最近、ご依頼が増えております。案件の時期が被りますとお断りさせて頂く場合も御座います。ご検討されている場合は、お早めにご相談下さいますよう宜しくお願い致します。まずは、色々とやりたいことやお悩みがあると思いますが、お気軽にご相談下さい。(無料)

お問い合わせ - Contact

​​ご気軽に、お問い合わせ下さい (無料)。 ※すべて、必須です。

システム開発における一般的な流れ

Copyright© 2018 CodeCraft Inc. All Rights Reserved.